1人1人の生徒を深く理解し、
その子に合わせた指導を。

秋山塾の個別指導

 秋山塾に通う生徒は、現状の学力も目標もさまざまです。また、理解力、記憶力、性格も異なるため、どのような指導をするか、どのように教材を組み合わせるか、どの程度まで扱うかは生徒一人一人に合わせて調整していく必要があります。秋山塾は専属のプロ講師が、1人1人の生徒を深く理解し、その子に合わせた個別指導を行います。

  • “一般的に”個別指導が
    優れている理由

  • 逆に学力を損なう?
    個別指導塾の闇とは

  • “秋山塾の”個別指導が
    優れている理由

個別指導は、子どもの可能性を広げ
大きく学力を伸ばすことができる指導形式です。

“一般的に”個別指導が
優れていると言われる理由

個別指導が圧倒的に子どもの可能性を広げる

 超進学校、 超難関大学を目指す…そういった場合、 カリスマ講師が高水準の目的意識を持つ生徒を集団授業で叩き上げる−これは受験競争を勝ち抜くために子どもたちに “脱個性” を強い、 言われた課題を遂行させることで合格可能性を最大化させる方法です。
 しかし、そういった指導に適応する一部の学力層を除いては、 目標も学力状況も違う子どもたちに講師が同一の指導を押し付け、 中途半端に脱個性を強いることは子どもの可能性を潰すことにつながります。 その点、 個別指導は子ども一人一人に寄り添った指導ができるので、 子どもの可能性を広げるための最も適した指導形式と言えます。

個別指導が圧倒的に子どもの学力を向上させる

 100 人いれば 99 人が間違える問題が存在します。一方、 100 人いれば 99 人が正解する問題も存在します。これらは学校や予備校の授業で、集団授業形式で発信することが効率的です。では、100 人中 50 人が正解する問題はどうでしょうか。 これを集団授業で扱うと、 誰かが退屈し、 誰かが理解できない状況が生じます。 集団授業の非効率性はここにあります。
 個別指導は目の前の1人の生徒が、 「どの問題を」 「どのように間違い」 「何が足りないのか」を直接、 指導によって補うことができます。 指導者がその子の目標、学力、性格、に合わせて最も適切なサポートができるので、個別指導は圧倒的に学力を伸ばすことができるのです。


逆に学力を損なう?
個別指導塾の闇とは
▶︎