BLOG

ブログ・お知らせ

【高校受験】NG!冬休みの使い方

こんにちは。

東新潟校の渡辺です。

 

今日は冬休みの過ごし方で

「これは絶対ダメ!」

ということについて、高校受験生のために書いていきます。

 

テーマは

・冬休みの過ごし方で最も重要なこと

・冬休みは何を勉強するべきか

・過去問の使い方

の3つです。

 

 

 

【最も重要なこと】

 

それは……

 

生活リズムを保つこと

です。

 

受験生の「冬休みで気合を入れて頑張りたい!」

という気持ちはもちろんわかります。

 

しかし、同時に気をつけなければならないのは

頑張りすぎて、結果、眠りにつくのが夜遅くなってしまい、

朝遅く起きる生活になってしまう…

これは絶対に避けてください!

こうなると、冬休み明けに寝坊しがちになったり、

また生活リズムを整えるのが大変になってしまいます。

 

 

つまり、簡単に言うと、

学校に行くときと同じ生活リズムを送ること

これが重要です。

 

可能なら、学校に行く時間と同じ時間に勉強を始めたり、

家では集中できないという人は、

図書館や塾に行って勉強したりするのが良いです。

 

 

【NGポイント】

冬休みだからと言って、

生活リズムを乱してはいけない

 

 

 

 

 

冬休みは何を勉強する?

夏休みもそうですが、冬休みも学校の授業がないため、

「自分で学習計画を立てること」

これが大切です。

 

「計画を立てると言っても……」

という人は過去問や、これまで学校や塾で解いたことのある

模試などを解き直すなどをして

自分の弱点を見つけていきましょう。

 

 

絶対にやってはいけないのは、

・新しく参考書を買う

・問題集を1から解き直す

これは絶対にやめてください!

【NGポイント】

冬休みの受験勉強で、

新しく問題集を1からやる必要はない

(過去問はOK!)

 

 

 

 

 

 

 

 

過去問の使い方

公立高校の場合は、3月に試験ですので、2月に過去問演習としても良いですが、

練習として一度解いておくのはアリです。

取り組んでみるとわかりますが、

だいたい現時点で良い点数は取れません。

 

 

過去問は、

繰り返し解いて、できるようにするまで復習すること

 

これを意識して取り組みましょう。

直近5年分くらいを、それを意識して取り組めば

おおよそできるようになってくるはずです。

 

 

【NGポイント】

過去問は、

やって終わりにしない

 

 

 

 

 

 

まとめ

◯冬休みの過ごし方で最も重要なことは

・生活リズムを保つこと

 

◯冬休みで何を勉強するのか

・自分で計画を立てること

 

◯過去問を使うときは

・できるまで何度も反復すること

 

これらを意識して冬休みを有効活用してください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入塾をご検討の方は 
「LINE@秋山塾東新潟校」に登録をお願いいたします。
(登録無料)

友だち追加

ブログを書いた人
新潟校 教室長 渡辺 利明
秋山塾 新潟校 教室長の渡辺です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE