BLOG

ブログ・お知らせ

【英語・数学】中1の学習状況【定期テスト前】

こんにちは。
秋山塾新宿校 教室長の増田雄司です。

今週から中野東中の定期テストが始まり
高校生も合わせると、4週間に渡って定期テストがあります。

塾も7月1週目まではテスト対策で大忙しです。
それに合わせてブログもなかなか書けていない状況です。

もう少し勉強にまつわる情報や塾の様子など発信していきたいのですが…

今日は少し空いている時間がありましたので中学1年生の様子について軽く振り返っていきます。

英語はやや心配

中学準備講座の数学を受講してくれている1年生の大半の数学は心配なさそうな感じがします。

変なミスさえしなければ100点を取れそうな子も中にはいますね。
計算の基礎が身についてきているので、間違いもだいぶ減りました。後はテストの空気に飲まれなければ…という感じです。

みんなよく頑張っています(^○^)

一方で英語は心配な子が多いです。
全員に共通して言えることではありますが、英単語が圧倒的に書けないですね。

並べ替え問題はなんとなくできていますが
空所補充や和文英訳になるとその弱さがハッキリと分かります。

もちろん和文英訳となると難易度はかなり上がりますが
文法や語順が分かっているのに単語が書けないことによる×は非常にもったいないです。

英単語が分からなければ、語彙力がなければ問題を解くことはできませんので、毎日音読をしたり、問題を解いたりと英語に触れる回数を多くすることをオススメします。

もう少し勉強量がほしい

今年の1年生は日頃の復習や自学が足りていないですね。

例年より、幼いといいますか、、ゲームなどの娯楽に走る・逃げる子が多いような気がします。基本的にはみんな授業内では理解をしますし、歩みの遅い子でも8割ほどは理解して帰ってくれます。
現に授業内の正答率は非常に良いものがあります。

ですが、1週間後の確認テストでは不合格。
これが今年は頻繁に起きています。復習が圧倒的に足りていないということがよく分かりますね。

1年生のうちから英語が苦手になれば
中学3年間苦手なままで終わる可能性がありますので、それは絶対に避けたいところです。

英語だけは…本当に取り戻すのが大変なんです。
中学生になったばかりなので、英語の宿題の負荷はあまりかけていなかったですが、こういった背景もありますのでテスト後は今までより宿題は増やす予定です。できるできないに関係なく増やそうかと思っています。

宿題のちょろまかしをしてくる子もいたので今までよりは厳しく見ていきます。英単語テストも検討しております。

秋山塾では、勉強が「わかる!」、「できる!」を通じて、
勉強が「楽しい!」を実現できるよう指導を行っています。

気になる方は、LINEで無料ご相談をお願いします!


入塾をご検討の方は「LINE@秋山塾」にご登録お願いします。(登録無料)友だち追加

ブログを書いた人
新宿校 教室長 増田 雄司
秋山塾 新宿校 教室長の増田です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE