BLOG

ブログ・お知らせ

【中学生】やってはいけない英単語の覚え方

こんにちは。

東新潟校の渡辺です。

英単語の覚え方

英単語をなかなか覚えられない中学生はたくさんいるのではないでしょうか?

実際にこの記事を読んでいるあなたも心当たりがあるかもしれません。

一生懸命覚えようと努力しているのになかなか覚えられない、なんてことありませんか?

今回は、中学生向けに 英単語の覚え方を解説します。

(小学生・高校生・英語学習者すべての方にも当てはまります)

この記事を読んだ後には、実践してみてください。

 

 

英単語の覚え方を以下の3つのポイントに絞って説明していきます。

 1秒1単語 

英単語の本で単語を覚える時に、赤シートを使って

「英語を隠して日本語に訳す」

これをまず行います。

このとき、「1秒1単語」を目安に進めましょう。

1秒で答えられていない単語は「覚えていない単語」です。

 

これができるようになってきたら

「日本語を隠して英語に訳す」

これを同じように「1秒1単語」で進めましょう。

 

 覚えた英単語と覚えていない英単語をきちんと仕分けする 

①で取り組んだ単語について、きちんと仕分けしましょう。

「□」のような、チェックをつけることができる単語帳がほとんどです。

覚えた単語にチェックをつけて、□が空白の単語をどんどん減らしていけるように進めましょう。

 

 声に出して覚える 

これ、意外とみなさん、やらないんですが、

とても大事ですし、効率よく覚えることができます。

 

基本的に単語帳を見て覚えるときは、

目だけを使っています。

ですが、発音するようにすると

目・口・耳の5感のうち3つを感覚を使うことになります。

単純に受け取る情報が3箇所になるので、

単純に考えて効果は3倍です。

 

自身のない人は、まずはボソボソ言うことからでも大丈夫ですので、

ぜひ声に出して覚えるようにしてみてください。

 

 

(注)やってはいけない覚え方

単語を覚えるときにやってはいけないのが

「ノートに書いて覚える」ことです。

これはとても「やった気」になれるのですが、

時間と労力の割に、頭に残りません。

 

これをやるなら絶対に「1秒1単語」がオススメです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英単語の覚え方は決して難しいものではありません。

まずは「1日5分くらいから」でもいいので、実践していきましょう。

1日の中でやる時間を決めて取り組むのが良いです。

それが習慣となれば、グングン単語力がついていきます。

 

 

「やり方はわかったけど、なかなか継続できない…」

「やってはみたけど、本当に単語を覚えているかわからない…」

 

という場合には、

塾で使用している単語帳を使って単語テストをすることで、

その効果を確かめることができます。

しかも、無限にランダムで、テストを作成可能のため、

何度でも異なる組み合わせで単語テストができます。

 

お悩みの方はぜひ、LINEにてご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入塾をご検討の方は 
「LINE@秋山塾東新潟校」に登録をお願いいたします。
(登録無料)

友だち追加

ブログを書いた人
新潟校 教室長 渡辺 利明
秋山塾 新潟校 教室長の渡辺です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE